• HOME >
  • 家が出来るまで(問合せ~御契約まで)
家作りのプロ 建築士と作る家 プランニングから現場の監理・監督、お引渡しまで。家作りのプロ・建築士がお客様をサポート。

図面をもとに、建築確認申請をおこないます。
お客様、ウッドアート、現場工事関係者と同じ図面に基づいて意思を統一します。
申請許可がおりるまで数週間~1カ月以上かかる場合があります。

着工前に地盤を調査します。地盤の弱さによって、柱状改良・表層改良等の地盤に合った改良をおこないます。
また、地形・地質によって擁壁が必要となる場合もあります。

敷地の建物外周の位置に、縄を張って建物の配置を示します。

工事着工に先立ち、その土地の神様を祀って敷地を清め、工事の無事を祈る儀式として地鎮祭をおこないます。

鉄筋を配列しコンクリートを打ち固め、基礎を完成させます。 また、コンクリートを打設する前に公的機関、第三者機関により基礎配筋検査を実施します。

出来上がった基礎に土台を組んでいきます。
基礎と土台の間に基礎パッキンを挟み、床下の通気性を良くして土台を固定すれば、土台の完成です。

柱や梁などが組み上げられ、家の外観が見えてきます。
地域の慣習や任意で、ここで無事に上棟を祝う上棟式をおこなう場合もあります。

図面に基づき、大工さんが内部の造作をしていきます。

防水のためにルーフィング材を貼り、屋根材を施していきます。

木工事が完了してしまうと壁などで隠ぺいされる主要な部分の中間検査を、公的機関、第三者機関により実施します。

防水性能を高めるため、防水シートを施します。後に下地を組み、外壁材を張り上げていきます。外壁材の目地となるジョイント部分には、シーリング防水を施工します。

内装床材貼りや木製建具などの造り付け、壁面と天井の塗り壁やクロス貼りを施します。

システムキッチンやバス・トイレ・洗面台などの各種設備機器や照明の取り付けをおこないます。

外部から見える基礎の立ち上り部分の左官仕上げ、玄関ポーチ、外部階段のタイルを貼ります。

工事がすべて完了したのち、クリーニングを実施します。
作業中に出た木のくずや埃などをきれいに取り除き、施主様がいつでもご入居いただける状態にします。

確認申請を受け付けた公的機関による検査を受けます。
図面と相違がないか、建築基準法が守られているかなどをチェックします。

安心して暮らしていただくため、当社アフターメンテナンス基準に基づき、お引き渡し後・3ヶ月後・1年後・3年後に点検致します。3年後以降もご希望により随時点検させていただきます。

安心して暮らしていただくため、当社アフターメンテナンス基準に基づき、お引き渡し後・3ヶ月後・1年後・3年後に点検致します。3年後以降もご希望により随時点検させていただきます。

 

このページの上部へ

  • お問い合わせ 住まいづくりに役立つ資料の請求はこちらよりお申し込みいただけます。
  • 無料見積依頼 住まいに関するお見積り、お問合せはこちらよりお申し込みいただけます。